ヨーロッパの旅レポート その3

  • 2011.12.24 Saturday
  • 00:47
JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 
こんばんは!そしてメリークリスマスですね!

今日は旅行の第3回、最終回です。

ウィーンのお話。

まずはこちら


シェーンブルン宮殿。
この反対側にものすごいお庭があることで有名ですが、
冬なのでさすがに地味な感じ。
でも中はものすごく豪華。
権力があるってこういうことのね、って関心しきりでした。
アジアの器や絵画を集めるのが
このころのステータスだったみたいで
間違ったアジア感満載の部屋が
インパクトありました


ここの入口には広場がありまして。
広場と言えば。



クリスマス市。


本当にどこもかしこもクリスマス市だらけ!楽しくて仕方ないです。


シェーンブルン宮殿に見学にきた子供たちが沢山!



ここはジャムを詰めてくれるジャンボドーナツの屋台…


これ、名前忘れちゃったんですけど、ドーナツの親戚みたいなお菓子ですね。


次、美術史美術館

どーん!

すっごく大きな建物にこれでもかと名がを詰め込んだ美術館。
ここで一日籠ってもいいと思います!


階段ホールのライオン

正直こういうときはツアーは残念です。
好きな絵を好きな時間見られないので。

ブリューゲル、ルーベンス、ラファエロ、ベラスケス
カラヴァッジョ、フェルメール…
みんなキラキラとした名画ばかり。

一応撮影OKだったんですけど、
見る方に集中することにしました。
ブリューゲルは本当に面白い!ニヤニヤしてしまいます。
カラヴァッジョの底の見えない力、不気味さも心惹かれます。
素直に美しい絵よりも悪意のある絵の方が好きなんですよね
…私ひねくれてるもので…





美術館の前にも広場が!はい!クリスマス市!
ここでしかみなかったキャンドルの
UFOキャッチャー的な何か。



クリスマスの飾りが沢山。
一つ一つが素敵な造形



旧市街中心地に立つ、シュテファン大聖堂。
本当にいきなり存在しています。


大聖堂のまわりはこんなライティングの町並み


この赤も美しい!





うふふ、ウイーンと言えば、「ホテルザッハー」のザッハトルテ。
ちゃーんと食べてきました!
お水がついてくるのが日本みたいでちょっとおもしろいですね。
店内もクラシックで素敵でしたよー。
お茶を飲むのにクラークに上着を預けて1ユーロとか
仰々しいですが、
価格は日本のホテルより安いです。




最後の晩餐はウィンナーシュニッツェル!子牛のカツレツですね。
シンプルな味付でとてもおいしかったです。

このディナーの際に、同行の女性が、78歳のお誕生日を迎えました!
この旅行「ゆったり」という割には
結構坂道を登ったり歩くことが多かったですが、
全て問題なくこなしていらっしゃったので
そんな御年だとは全く気づきませんでした。

わたしも見習わないとー!


帰りはウィーン空港から何も問題なく帰国。
8日間は長いような短いような。

幸いな事にこれまで何度も海外に行かせていただいてますが、
日常と違う空間を自分自身で体感するのってすごく、すごくすごく貴重な経験です。

今回の旅行も私に大事なイマジネーションを与えてくれると思います。
そしてまたこの美しい国を訪れなくては!

次はどこに行こうかな!


*********
次回からは通常運転ですよ!1月の体験会のお知らせがありまーす
にほんブログ村 美術ブログ チョークアートへ 
 
*********
↓チョークアート看板、ウェルカムボードのご依頼は…↓
チョークアート+デザインスタジオ Pastels Delight 

レッスンもお気軽に!MCA公認プロ認定コースございます
体験レッスンも随時受付中!






コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM